【初心者必見】ウイイレアプリで試合に勝つ方法



こんにちはたいがです。

ウイイレアプリをしている時に出る悩みとして、

「全然勝てない。。。」

「勝つためにはどうしたらいいのか?」

などがあると思うのですが、そこで今回はウイイレアプリでの勝ち方を紹介していきたいと思います。

ちなみに僕はこの方法でレートを400から一気に800まで到達できました。

始めたばかりの人は必見です。

あくまでも僕の個人的な意見として参考程度に見てください。

ドリブルに頼るな

初心者の方が陥りがちなのは、選手の能力に頼ってドリブルゴリゴリしてしまうこと。

以下のようなツイートをご覧ください。

このぐらい上手かったらドリブルゴリゴリはありだと思います。

この程度のドリブルの上手さがなければ結局は止められてしまいます。

相手がクリロナだろうとドリブルの方向さえ読めれば簡単に止められます。

そこで勝つためにやるべきことはパスサッカーです!

パスサッカー

では実際にパスサッカーをするとなったとしてもできないかと思うかもしれませんが、パスを繋ぐということを意識するだけでもかなり変わります。

僕が特に意識していることとしては主に2つあります。

ダイレクトでパスする

相手陣地内だとダイレクトでパスすることはかなり有効です。

ダイレクトでパスすることでフリーな人間は確実に生まれます。

フォワードに一度あてて、ダイレクトでミッドフィルダーに落とす。

これでミッドフィルダーは前を向いて、そしてフリーの状態になります。

そこからはサイドにスルーパスや後ろに戻すなど選択肢は多くあります。フリーなので相手にボールを取られることもあまりありません。

また2トップの場合は2人でのワンツーはかなり強力です。

後ろから来たボールをもう1人のトップにダイレクトで落とし、ワンツー。

ほとんどの確率で裏に抜けられます。

無理なパスはしない

無理なパスをしないこともかなり重要です。

パスサッカーが途切れる原因として無理なパスをしてしまうことが挙げられます。

かなり難しいロングパスや、相手が絞っているにもかかわらずその間を通そうとするパスなど。

パスサッカーを貫くためには無理なパスをしないことが重要です。

僕はこれは通らないと思ったら後ろで回しています。

そして確実に前に当てられる時が来たら一気に攻め上がります。

パスサッカーは我慢が必要です。

オススメのフォーメーション

次にパスサッカーをするためにオススメのフォーメーションを2つ紹介します。

実際に僕が使っているスカッドをお見せします。

4-4-2

監督:モリッツプロイス

  • 攻撃タイプ:ポゼッション
  • ビルドアップ:ショートパス
  • 攻撃エリア:サイド
  • ポジショニング:流動的
  • 守備タイプ:フォアチェック
  • 追い込みエリア:中央
  • プレッシング:アグレッシブ

パスサッカーを大事にしているのでこのスカッドではグラウンダーパス、フライパスの能力を見てメンバーを決めています。

この2つの能力が高いとかなり高精度のパスが出せるのでパスサッカーが機能します。

4-5-1

監督:ホセ ペケルマン

  • 攻撃タイプ:カウンター
  • ビルドアップ:ショートパス
  • 攻撃エリア:サイド
  • ポジショニング:流動的
  • 守備タイプ:フォアチェック
  • 追い込みエリア:サイド
  • プレッシング:セーフティ

このスカッドは見ての通り金玉スカッドです。

このスカッドでもパスサッカーを意識するとチームパワーが3000越えの相手にも勝つことができます。

また1トップの選手のプレースタイルがポストプレイヤーだと前に当てやすくなるのでおススメです。

監督選び

監督選びで僕が重要視しているのはビルドアップポジショニングです。

ビルドアップがショートパス、ポジショニングが流動的だとパスが繋がりやすくなります。

常にポジショニングを変えながらショートパスを繋いでゴールを目指す感じです。

絶対にサイドバックはつける

次にフォーメーションでの選手のポジション設定ついて少し紹介します。

上の僕のスカッドを見てわかると思うのですが、サイドバックは必ずつけています。

パスサッカーをするためには必要不可欠です。

それではその理由をお伝えします。

以下の写真を見れば一目瞭然です。

サイドバックにしている時↓

CB(センターバック)にしている時↓

お分かりいただけただろうか?

上の写真のサイドバックにしている時は両サイドがかなり開いているのだが、下の写真のCBにしている時はかなり中に絞っていることがわかる。

このようにCBにするとスペースを広く使えないのでパスサッカーには向かないです。

なのでパスサッカーをする場合には両サイドバックを確実におきましょう。

おまけとしてDMFを置くとディフェンスが持った時に頻繁に顔を出してくれるので、もしいたら置くことをオススメします。

いなければCMFで十分ですが、

まとめ

最後にまとめですが、今日言いたかったのは以下の通りです。

  • 勝つためにはパスサッカーを目指す
  • 無理なパスをしない
  • 前にパスが出せるまで我慢
  • 両サイドバックは必ず置く

それでは皆さんパスサッカーを意識して試合してみてください!

健闘を祈ります!